ブログ

子供の歯肉炎!!2018年4月19日

こんにちは。
もう新年度がスタートしましたね。
お子様、親御さん、それぞれの新生活がはじまり毎日忙しく過ごされているのではないでしょうか?

新学年にはいる前の春休みに検診を受けられるお子さんの中で、
歯肉炎になってる方が多くみられたように思います。
検診では、虫歯のチェック、歯肉(歯茎)の状態のチェックをまず行います。

虫歯になっていなければ、歯肉炎になっていてもひとまず安心される親御さんが
多いようの思います。
ですが…歯肉炎のなってるという状態はお口の中の状態としてはあまり良くありません(*_*)

歯肉炎は細菌のかたまりであるプラークが引き起こす歯肉の炎症です。
歯肉炎は歯周病の第一歩です!!
放置していると、骨なの歯を支える歯周組織に炎症が広がり、<歯周病>へと進行します。

でも、子供のうちは歯肉炎から歯周病へと悪化することは稀です。
歯肉炎のうちなら、正しい対処をすれば回復します。
大人になって歯周病にならないために、今から予防しておくことが大切です!!

歯肉の縁が赤く腫れてる!歯肉から血が出る!などの症状があれば要注意です。

対処方法としては・・しっかりしたブラッシングです。
歯と歯肉の境目にブラシの毛先を少し入れて丁寧に磨いて下さい。
炎症がある場合は、軽い刺激で歯肉から出血すると思いますが、止めずに続けて磨いて下さい。
磨き残しがないように数週間程度続けると、出血もなくなり健康な歯肉に戻ります☆

予防方法としても、ブラッシングが効果的です。
プラークを残さないように磨くことは、歯肉炎だけでなく虫歯予防にもつながり一石二鳥です(^^♪

当医院では、検診の際ブラッシング指導も行っております。

お気軽にお越しください。  奥窪 結子
アーカイブ
LINE@
© 2018 オククボ歯科クリニック All Rights Reserved.
トップへ戻る