口臭と水分補給の関係 | オククボ歯科クリニック

ブログ

口臭と水分補給の関係2018年3月5日

誰でも一度は”口臭”気になったことがあるのではないでしょうか。
口臭には様々な原因や、対処法もしくは治療が必要な場合もあります。

その対処法のひとつとして、水分補給の仕方というのがあります。

適度な水分補給により、口腔乾燥を防ぎ、
かつ、唾液分泌の促進を図ることができます。
摂取量の目安は、一日1.2リットルといわれています。(体調などをみて調整が必要です)
食事や生理的欲求時以外の時に飲むのがポイントです。

朝、起床後の歯磨きのあとで、まず300cc飲むのがオススメです。
唾液分泌が促進され、朝食がスムーズになります。
その後は空腹時にお水を飲むようにしてください。

水分補給に適した飲み物は、水または砂糖や炭酸を含まないスポーツドリンクです。
お茶は、唾液分泌のを抑えるので好ましくないと言えます。
(食事中の口臭を緩和する働きがありますが、飲みすぎはよくありません。)

コーヒーを飲むと口の中の?が著しく低下し、酸性に傾きます。
また、その成分が舌苔にも付着しやすいため、口臭の原因にもなります。

特に、空腹時のお茶とコーヒーは口臭を強くする働きがあります。
お茶とコーヒーが悪い、というわけではもちろんありませんが
上手く付き合っていくことが大事ですね。
最近の投稿
アーカイブ
LINE@
© 2019 オククボ歯科クリニック All Rights Reserved.
トップへ戻る