お口の話

歯の色、気にいってますか

ご自身の歯の色気にいってますか?

私たちの歯は個人差がありますが、もともと黄色っぽい色をしています。

それは、歯の内側にある象牙質と言われる部分の濃い色が外側のエナメル質から透けて見えるからです。

また、歯の内側に入り込む有機物(変色物質)によって年齢とともに濃くなります。

歯の病気や薬剤、金属の影響などでも色が黒ずんだり茶色っぽくなることもあります。

こうしたことは、歯の表面ではなく内部で起きた変色が透けて見えている事がほとんどです。

 

ですので、歯を白くしたいから、とハブラシで過剰にこすっても

もとの歯より白くなることはありません。

そればかりか、知覚過敏が起きやすくなったりする等の問題も起こりがちです。

 

歯を白くしたいならエナメル質をこすらず、歯質を強化できることでも話題の

歯科のホワイトニングにトライしてみませんか?

 

ホワイトニングと聞いて、歯を削ったり、歯を溶かすようなイメージはありませんか?

ホワイトニングとは薬剤がエナメル質内部に浸み込み、歯の内部の変色物質を分解して白くしていくことです。

色素を分解していくことで白くしていくため、

歯の表面を傷つけたり、溶かしたりすることはありません。

 

少しでも歯の色が気になるようならお気軽に御相談ください。

当院では、ご自宅でおこなっていただくホームホワイトニングと

歯科医院でおこなうオフィスホワイトニングをお選びいただけます。

白い歯で春を向かえる準備をしませんか?

関連記事

おすすめ記事

最近の記事

  1. 寝ている間、無意識に歯ぎしりしていませんか?

  2. ホワイトニングと歯磨き粉

  3. もうすぐ12月です。