口呼吸の影響について | オククボ歯科クリニック

ブログ

口呼吸の影響について2019年3月4日

テレビを観ている時 など 普段 無意識に 口呼吸になっていることは ありませんか?

口呼吸 の影響は、・前歯の虫歯が増えやすくなる

・歯茎が腫れて歯周病になりやすくなる

・着色汚れが付きやすくなる

・歯並びに影響がでやすい  etc…

虫歯や 歯周病になりやすくなる事や、着色汚れが付きやすくなるのは 、口呼吸をすることで 口腔内が乾燥し 唾液の分泌が抑えられてしまうことが原因です。

歯並びに影響が出るのは、口呼吸をしていると 舌の先端が 飛び出し 歯を押してしまい、下顎の位置が下がり結果的に歯並びを悪くしてしまいます。

口呼吸によるドライマウスは、舌の痛みや 口臭などの症状のほか  乾いた食品が食べにくいことや、うまく飲み込めないといった症状が引き起こされます。

唾液の分泌が抑えられてしまうと、ウイルスや細菌の侵入を防ぐことができず 感染症になりやすくなります。

口呼吸をすることは 悪影響があるという事を意識して 、口呼吸を減らすようにしてください。
最近の投稿
アーカイブ
LINE@
© 2019 オククボ歯科クリニック All Rights Reserved.
トップへ戻る