お口の話

妊娠をお考えの方の口腔ケア

女性は 妊娠すると女性ホルモンが増加し、出産に向けて身体的な変化が見られるようになります。
ホルモンバランスの変化は、身体だけでなく 口腔内にも影響を与えます。
歯ぐきの発赤や腫れなど…、様々な変化が見られるようになります。
重度の歯周病になっていると、菌が お口の中から体内に入り込んでしまい、早産や低体重児出産を引き起こす可能性があるといわれています。
妊娠すると つわりになったり、 食事の回数が増えたりすることもあり、口腔内の環境が悪化してしまう恐れがあります。
出生後の虫歯菌(ミュータンス菌)の感染は、主に 保育者からだといわれています。
妊娠・出産を お考えの方は、口腔内環境を清潔に整えておくことが大切です。
将来 生まれてくる赤ちゃんのためにも、妊娠前から 定期検診と 毎日の適切なケアで 健康な口腔内を保ちましょう

関連記事

おすすめ記事

最近の記事

  1. 寝ている間、無意識に歯ぎしりしていませんか?

  2. ホワイトニングと歯磨き粉

  3. もうすぐ12月です。