お口の話

歯間ケアしてますか?

歯ブラシでは表面の汚れを落とす事はできますが、歯と歯の汚れをキレイに掻き出すことは難しいため、フロスや歯間ブラシが必要になります。歯と歯の間や歯茎の境目に残った汚れが、やがてプラークとなり、虫歯や歯周病、口臭の原因となります。

歯ブラシのみでの歯垢の除去率は60%ですが、フロスや歯間ブラシを併用する事で、汚れを80%まで落とす事ができます。
歯と歯の間にフロスを通して、引っ掛かりがあったり、ほつれたりする場合は、虫歯になってたり、詰め物があってなかったりする場合もあります。

フロスの使い方や、歯間ブラシの使い方、サイズなど不明な点がございましたら、お気軽にスタッフまでお尋ねください。
フロスや歯間ブラシの使用は、虫歯や歯周病、口臭予防にも効果的です。
毎日の歯磨き習慣に是非、フロス・歯間ブラシを取り入れてみてください。

関連記事

おすすめ記事

最近の記事

  1. 寝ている間、無意識に歯ぎしりしていませんか?

  2. ホワイトニングと歯磨き粉

  3. もうすぐ12月です。