お口の話

乳歯は、むし歯にかかりやすい

 乳歯は永久歯に比べてエナメル質がうすく、柔らかいため、一度むし歯になってしまうと進行が早く、5~6ヶ月くらいで神経近くまで進んでしまうこともあります。
そこまでむし歯が進んでも、こどもは気づかないことも多くあるため、必ず保護者が気をつけてお口の中を観察しましょう。
また、こどもが完全にブラッシングできるようになるまでは保護者の仕上げ・点検磨きが必要です。
6歳頃から自分の口の中に興味を持ったり、本人が行う歯磨きがメインになってきますが、6歳臼歯の萌出や永久歯の生え変わりなどもあり、まだまだ上手に磨くことは難しいため、仕上げ磨きを卒業しないようにする事が大切です。

〇フッ素でむし歯予防〇
生えて間もない歯は、まだ歯の質が弱くむし歯になりやすい状態です。
むし歯予防の方法として、歯医者でフッ素を塗ってもらいましょう。
また、毎日のブラッシングでフッ素入りの歯磨き粉、ジェルなどを使うことが効果的です。

🦷歯医者さん嫌いにしない
歯が悪くなってからでは処置に痛みを伴ったり、治療に時間もかかります。
日頃から歯医者で定期検診をうけ、むし歯の予防を徹底しましょう。

関連記事

おすすめ記事

最近の記事

  1. 寝ている間、無意識に歯ぎしりしていませんか?

  2. ホワイトニングと歯磨き粉

  3. もうすぐ12月です。