お口の話

ホワイトニングと歯磨き粉

鏡を見ながら「あれ、自分の歯ってこんな色だっけ?」と歯の色味が気になったことありませんか?

歯を白くしたいと思い、ドラッグストア等で“ホワイトニング”を謳っている歯磨き粉を購入して使ってみたものの、あまり効果を実感できなかった、という経験は?

実は日本製の歯磨き粉には歯の着色(ステイン)を除去する成分は含まれているものの歯の本来の色を白くするための成分を配合することは薬事法で認められていないのです。ですから、歯の色が白くならないからといって歯磨き粉をたっぷりとつけて力強くこすってもあまり変わりはありません。

歯の本来の色を白くしたい時は、歯科医師の処方でのみ使用できるホワイトニング剤を用いて歯科医院でホワイトニングを行うと白くすることができます。その際に、虫歯があったり歯周病などで歯肉に炎症があったりするとトラブルが発生したり、ホワイトニングの効果が十分にでないこともありますので、ホワイトニングを受ける前に必要な治療をうけていただく必要があることをご理解ください。

当院では、クリニックで施術をうけていただく“オフィスホワイトニング”とご自身で自宅で行っていただく“ホームホワイトニング”、また両方を行っていく“デュアルホワイトニング”と様々な方法で患者様のご希望やライフスタイルのあったホワイトニングを提案させていただいております。

もちろん、説明を聴いて「やっぱりホワイトニングを見送る」ということも可能ですので少しでもホワイトニングが気になるという方は是非お気軽にご相談ください。

関連記事

おすすめ記事

最近の記事

  1. 寝ている間、無意識に歯ぎしりしていませんか?

  2. ホワイトニングと歯磨き粉

  3. もうすぐ12月です。