ブログ

☆口腔内が 全身に与える影響☆2015年2月17日

こんにちは! 助手の横山です。

歯垢を「食べカス」と思っている方は 多いのではないでしょうか。歯垢は、食後8時間位で作られ始める「細菌のかたまり」です。

この歯垢が、虫歯 や 歯周病 の原因だけでなく、心筋梗塞糖尿病 などの病気の原因になることもあります。

歯垢の中の 歯周病菌は、歯周ポケットから歯肉の中へ入り込み、血管から心臓へ送られて全身を巡ります。

心臓に発症する「細菌性心内膜炎」のほとんどは、口腔内の細菌が原因です。

そして、血栓ができやすくなり、動脈硬化・心筋梗塞を引き起こしやすくなります。

糖尿病との関係は、糖尿病になると 免疫機能が低下、血管壁が脆弱化するため 細菌感染しやすくなります。

体の健康のためにも、口腔内のケアは とても重要です。

ぜひ、検診・クリーニングに ご来院 ください!

 

 
最近の投稿
アーカイブ
LINE@
© 2018 オククボ歯科クリニック All Rights Reserved.
トップへ戻る