歯は鉄よりも硬い!! | オククボ歯科クリニック

ブログ

歯は鉄よりも硬い!!2017年11月27日

突然ですが、「モース硬度」というものをご存知でしょうか?
「モース硬度」とは物の硬さをはかる単位のことで、硬さを10段階で表しています。

モース硬度1は、チョーク。
モース硬度4は、鉄。
モース硬度10がダイヤモンドです。
では人の歯、エナメル質のモース硬度はどのあたりだと思いますか?

実はエナメル質のモース硬度は6~7です。

鉄が硬い!のはもちろんなので
いかにエナメル質が硬いのかというのがわかりますね。

そのかたーい歯を削るときは歯よりも硬いダイヤモンドを用います。
その際、エアタービンとよばれる圧搾空気の力で羽を高速回転させる切削機械に
ダイヤモンドのバーをとりつけて削っていくのです。

歯医者へ行くとキーンという高い音が苦手という方も少なくないと思いますが
これはこのエアタービンの音です。

エアタービンで硬い歯を削っていくために1分間におおよそ30万~50万回転もします。
だからあのような高い音が出てしまうのです。

さらに、高速で削ると熱が発生するため、冷却するために、
刃先に向かって水が出るようになっているのです。

仕組みや理由をしると、
歯科治療に対する恐怖心が和らぎませんか?
最近の投稿
アーカイブ
LINE@
© 2019 オククボ歯科クリニック All Rights Reserved.
トップへ戻る